記事一覧

主流のネット印刷

印刷機

ネット注文は詳細の入力が細かい

ネットでの受注が主流となっているフライヤー印刷ですが、とにかく細かい注文をすることができると利用者の間でも人気があります。フライヤー印刷を発注する側というのはすでに発注に慣れているため、どのような紙質とサイズで、部数はどれくらいか、オプションは必要かどうかまでテキパキと設定することができます。今までは発注を印刷会社の人が対応していたことから、人件費がかかってしまっていました。全てネットでの注文に変えたことで、コストダウンに成功し、格安でフライヤー印刷の受注を可能としたのです。例えば、フライヤーの折パンフ加工はオプションになり、手間がかかるのでその分だけ料金と納期に加算されます。しかしながら、封筒に入れて郵送することを想定したフライヤーであれば、予め機械でプレスされて折加工がなされていたほうが、手間が省けて大変便利なのです。また、納期も自由に発注者が選択できるようになっています。納期まで短い場合は迅速な対応を依頼できますが、それだけ料金が高くなります。出来るだけコストを抑制させたいと考えるのであれば、時間にゆとりを持った納期を設定することで、費用を抑えるなどの裏技があります。フライヤー印刷のオプションは実に多種多様です。ミシン入れも簡単に入れることができるため、クーポンの印刷には大変便利なオプションサービスです。また、ナンバリングや穴あけ加工といったオプションも用意しているため、自由に組み合わせることができます。

Copyright© 2019 チラシ印刷とフライヤー印刷は同じようなもの All Rights Reserved.