記事一覧

広告

頼みやすい印刷の仕事

何らかの事情でフライヤー印刷を依頼する場合は、相手の会社までいって相談する方法があります。他のやり方としてはインターネットを使って仕事を頼むやり方も可能で、印刷用のデータを用意できればすぐに必要な作業をしてくれます。

詳しく見る

印刷機

主流のネット印刷

ネットでフライヤー印刷を受注するようになり、コストダウンに成功したり、より細かな注文に対応できたりするようになりました。オプション加工も折加工からミシン入れまで様々な種類のサービスを用意していて大変便利です。

詳しく見る

女性作業員

印刷の作業を依頼する方法

フライヤー印刷を依頼する場合は信頼できる会社に頼む必要があるため、どこを利用するか十分に調べるべきです。印刷をするためにはデザインなどを考えなければならず、相手の会社の担当者と交渉しながらどのようにするか決めます。

詳しく見る

刷毛

フライヤーの注文について

フライヤー印刷業者を利用すると安くフライヤーを確保できますが、デザインの手直しから防水加工など、様々なサービスも利用できることを知りましょう。それらをうまく活用すれば、そのイベントの宣伝はより効果的となり、印象深いものとなります。

詳しく見る

カートリッジ

簡単に依頼できる印刷作業

ビジネスのためにフライヤー印刷を依頼する場合は、印刷用のデータをどう用意するかが重要になります。データは提供しているツールを使って作る方法もありますが、印刷会社の担当者と相談しながら行うやり方もできます。

詳しく見る

気にせずに注文しよう

印刷機

チラシとフライヤーを区別する必要はなし

紙に宣伝をしたいことを印刷して、お店に設置をしたり、お客様に配ったりすることを考える場合もあるでしょう。そのときに、便利に活用できるのが、インターネットを使って申し込めるオンライン印刷業者です。そのため、印刷してくれる業者を探して、紙の宣伝アイテムを入手しようとしているもあるはずです。しかし、チラシ印刷とフライヤー印刷を行う業者があって、どちらを選べば、ベストな宣伝アイテムを手に入れられるか困っている場合もあるでしょう。確かに、チラシとフライヤーは同じようなものなのに、言葉が分かれているので、何かしらの違いがあると考えても当然です。ところが、チラシ印刷とフライヤー印刷は本当に同じようなものなので、利用者側が気にする必要はありません。紙のサイズや厚さなどで分類されているケースもありますが、ほとんどの場合はチラシ・フライヤー印刷としてセットで扱われています。『チラシ・フライヤー印刷』というカテゴリーが用意されていて、その中から自分が望むサイズや厚さの紙を選ぶことになるので、それぞれの違いを理解していなくても大丈夫です。チラシなのかフライヤーなのかを気にするよりも、自身が望む宣伝ができるのかを気にして選定するようにしましょう。なお、どうしてもチラシとフライヤーの区別をつけたいのなら、オンライン印刷業者に質問をすることをおすすめします。そうすれば、どれがチラシで、どれがフライヤーなのか教えてくれるため、スッキリとした気持ちで注文できるでしょう。

Copyright© 2019 チラシ印刷とフライヤー印刷は同じようなもの All Rights Reserved.